ベリントシステムズジャパン

 image オリビエ・ジオレット

ベリントシステムズジャパン
代表取締役社長

Olivier Georlette
President Japan and Corporate Officer
Verint Systems Japan

オリビエ・ジオレットは、2007年9月1日にベリントシステムズジャパンの代表取締役社長に就任致しました。 2000年にベリントジャパンが発足して以来、代表を務め、事業拡大に伴うMercom Systemsとの吸収合併に深く貢献しました。 また、積極的にベリントの重要な顧客と交流をはかり、7年間にビジネス・パートナー10社と提携し、300社を越える顧客とのビジネスに寄与しました。

ベリント入社以前は、Celtronix社で電子機器製造業界のプリ・セールスマネージャーとして従事していました。 それ以前は、CAD/CAMソフトウェアベンダーであるCimatron社のアジア担当プロダクト・マーケティングおよびテクニカル・サポート部門に在籍していました。ジオレットは、現在までヨーロッパ、イスラエルおよび日本の地域で責務を果たし、多文化知識も豊富に持っています。

ジオレット は、ベルギー国籍、ベン・グリオン大学にて機械工学の理学修士を取得しています。

Olivier Georlette assumed the position of President of Verint Systems Japan on September 1, 2007 . Prior to taking up his position, Mr. Georlette was designated as a representative of Japan office to start Verint Japan in 2000. In this position, he served as a focal point for taking forward the Verint’s successful merger with Mercom Systems for the business expansion. Mr. Georlette actively engaged with Verint’s key clients, and contributed to build more than 10 business partners and more than 300 customers in Japan within seven years.

Prior to joining Verint Systems, Mr. Georlette worked for Celtronix Ltd as a pre-sales manager for the electronic manufacturing industry. Before than he worked at Cimatron Ltd a CAD/CAM software development company. He had responsibilities for product marketing and technical support for Asia market. Having spend his life in Europe, Israel and Japan he has a truly multi-cultural knowledge.

Mr. Georlette, a Belgium national, holds M.Sc., cum laude, in Mechanical Engineering from the Ben-Gurion University.