日本の大手テレビショッピング会社がベリントのカスタマーエンゲージメント最適化ソリューションを導入

ベリントが8年連続でCEC ワークフォース最適化マーケットにおけるリーダーとして認定

2015年11月4日 東京発

本日、ベリントシステムズジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 オリビエ・ジオレット、以下ベリント)は、日本の通販業界をリードする大手テレビショッピング会社が、コンタクトセンターにおいて、Verintカスタマーエンゲージメント最適化ソリューション™を導入したことを発表しました。ワークフォース最適化のためのソリューションとして、Verint® 全通話録音、Verint® 応対品質管理、Verint® 会話音声分析の製品が導入されています。

同社は、さらなるコンタクトセンターの応対品質と顧客満足度の向上を目指すべく、コールモニタリング業務の改善から顧客の声VOCの収集・分析まで行えるソリューションを探していたところ、1つのポータル上で、通話の録音・検索・再生から、応対品質の管理と評価および音声認識・分析まで、一気通貫でスピーディーに行えるベリントのソリューションに辿り着きました。

現在、同社では、ベリントソリューションの活用により、エージェントが大人数であっても、きめ細かいコールモニタリングを効果的に実施でき、手厚くフォローできるようになったため、生産性のKPIのみならず、品質のKPI向上にも貢献できています。また、今後は、VOCの収集・分析にも活用し、業務や商品・サービス・キャンペーンの改善に対し、顧客の生の声をよりスピーディーに反映できることを期待しています。さらなる顧客満足度の向上により、カスタマーエンゲージメントが高まりファンが増え、リピート購入の拡大を目指しています。

ベリント代表取締役社長オリビエ・ジオレット(Olivier Georlette)は次のように述べています。
「大手テレビショッピング会社のお客様が当社の分析ソリューションを導入していただくことができ大変嬉しく思っています。弊社のVoC顧客の声分析ソリューションによって、今後、可視化・定量化された分析結果を基に、企業の生産性向上を支援できると確信しています。」

60以上の特許(取得済/出願済)を持つベリント会話音声分析は、カスタマーエンゲージメント最適化を実現するために非常に重要な機能を持っています。顧客が企業を通して体験するカスタマーエクスペリエンスに関する顧客の本音を明らかにするために通話録音の内容を分析し、顧客の不満の根本原因を特定し、呼量を測り、競合上のチャンスとリスクを評価することができます。また、さまざまなチャネルを移動する顧客のカスタマージャーニーの中で、顧客に対し“企業を印象付けるきっかけとなる出来事”とは何なのかを検証することで、カスタマーロイヤルティが高まる要因を把握することができます。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint WFO)、顧客分析ソリューション(Verint 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jpをご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、アクショナブルインテリジェンスのグローバルリーダーです。情報量がダイナミックに増大する今日において、アクショナブルインテリジェンスは必要不可欠です。ベリントのソリューションは、「カスタマーエンゲージメント最適化」、「セキュリティインテリジェンス」、「不正、リスク、コンプライアンス」の3つの重要な分野におけるアクショナブルインテリジェンスマーケットに向けた取り組みを行っています。また、ベリントのソリューションを活用し、企業や組織が鍵となるような重要な知見を手に入れることで、様々な問題を予測し、向き合い、適切な対応が可能となります。そしてこの確かな情報に基づき、効果的かつ状況に応じた判断を下すことが可能です。ベリントはアクショナブルインテリジェンスを活用してスマートな世界を実現することをビジョンとして掲げ、フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを導入しています。詳細につきましては http://www.verint.comおよびNASDAQ:VRNT をご覧ください。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります


本資料に記載されているVERINT、ACTIONABLE INTELLIGENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, VOVICI, GMT, AUDIOLOG, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS、NEXTIVA、EDGEVR、RELIANT、VANTAGE、STAR-GATE、ENGAGE、CYBERVISION、FOCALINFO、SUNTECH、VIGIAは、米国Verint Systems Inc.および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ