ベリントがDMGコンサルティングの新しい調査でワークフォース最適化マーケットのリーダーに選出

最新のアナリストレポートではベリントがワークフォース最適化、通話録音、品質管理など各カテゴリーでもリーダーに

2015年12月23日 ニューヨーク州メルヴィル発

本日、ベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、米国の市場調査会社DMG Consulting LLCが発行する「2015年コンタクトセンターのワークフォース最適化マーケットシェア中間レポート(2015 Workforce Optimization (WFO) Mid-Year Market Share Report)」において、ワークフォース最適化マーケットのトップベンダーとして名前が挙げられたことを発表しました。2015年前半の調査結果として2015年10月に発行された本レポートでは、「ベリントはワークフォース最適化マーケットのリーダーであり、最も業績の良い企業」であるとともに、マーケットで最大のワークフォース最適化ベンダーである、と評価されました。

DMG Consulting LLCの新しい調査報告においてベリントは、GAAPベースの売上、ワークフォース最適化ソリューションや通話録音(録画は含まず)、コンタクトセンター以外の通話録音、QM/QAアプリケーションなど、多くのカテゴリで高く評価され、継続して首位を確保しています。

「顧客と直接関わる営業部門や顧客窓口部門と事務管理部門において、従業員の雇用や最適化を支援するソリューションの必要性が無くなることはありません。事務管理部門や各支店におけるワークフォースの最適化の活用も大きな可能性を秘めています。また、それらのアプリケーションが顧客のライフサイクルのあらゆる局面に可視性をもたらす、カスタマージャーニー分析ソリューションとして、組織に必要不可欠となることを期待しています。」と、DMG Consulting LLCのDonna Fluss社長が述べています。

ベリント カスタマーエンゲージメント最適化ソリューションは、顧客応対、ビジネスプロセス、ワークフォースパフォーマンスなどあらゆる場面において、部門の枠を越えた情報の活用や管理が可能なエンゲージメント管理(KANA)、ワークフォース最適化、顧客分析などの機能を安定したソフトウェアとサービスを融合して提供します。事務管理部門や支店も含めて、組織やチャネル全体のシームレスな連携を促進するために役立ち、隠れたトレンドや顧客と従業員に起きている事象の原因を明らかにするなど、実用的な情報を提供します。

「非常に多くの分野でトップリーダーの地位を維持し、DMGコンサルティングによってマーケットリーダーとして認定されることによって、弊社が提供する多くのソリューションモデルが顧客重視のソリューションであることを明確に示すことができます。同様に、顧客や従業員へのエンゲージメントの機能強化、優れたエクスペリエンスの提供、業績向上の達成を支援する革新的なソリューションにも焦点をあて強化しています。」と、ベリントエンタープライズインテリジェンスソリューションズ戦略担当上級副社長兼ジェネラルマネージャのナンシー・トリスター(Nancy Treaster)は述べています。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint WFO)、顧客分析ソリューション(Verint 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jpをご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティインテリジェンス、不正・リスク・コンプライアンスにフォーカスし、企業がアクションを起こすための知見を提供するActionable Intelligence®ソリューションのグローバルリーダーです。フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを導入し、知見を得て、情報に基づいた効果的かつタイムリーな意思決定を行っています。詳細につきましては http://www.verint.com をご覧ください。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc.および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ