ベリントがFrost & Sullivan社の2016年度アジアパシフィック リーダーシップ アワードとカスタマーコンタクト最適化ソリューションベンダーの年間最優秀賞を受賞

アナリスト企業がベストプラクティス事例とあわせてVerintワークフォース最適化ソリューションを紹介

2016年8月2日 シドニー/ニューヨーク州メルヴィル発

本日、ベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、同社の主要なソリューションであるワークフォース最適化スイートおよび広範なカスタマーエンゲージメント最適化ポートフォリオが、Frost & Sullivan主催のアワードプログラムで2016年アジアパシフィック・ベストプラクティスアワードを受賞したことを発表しました。今回は、同社のワークフォースマネジメント(WFM)システムとクオリティモニタリング(QM)システムのマーケットシェアリーダーシップアワードも併せて受賞しました。さらに、2016年最優秀APAC カスタマーコンタクト最適化ソリューションベンダー賞も受賞しています。

業界アナリスト企業であるFrost & Sullivanによると、様々な企業や団体は、高品質で効率的かつ効果的なカスタマーエンゲージメントの戦略を維持しつつも、売上増加を推進し、収益性を最大化するという困難な課題に直面しています。Frost & Sullivanは、この課題に対処する一つの手段として、顧客応対の充実、ビジネスプロセスの改善、ワークフォースの最適化、そして従業員と顧客の満足度とエンゲージメントを向上させる一連のソリューションを挙げています。


WFMベストプラクティスとマーケットシェアリーダーシップ アワード

このアナリスト企業が最新のベストプラクティスとして挙げたソリューションの中で、リーダーシップアワードが与えられたソリューションはVerint ワークフォースマネジメントです。この統合型エンタープライズソリューションは、カスタマーサービス部門全体の作業負荷を軽減するために、作業負荷を予測して作業計画を設定し、従業員の最適なスケジュールを立てるサポートをします。さらに、コンタクトセンター、事務業務部門や営業店支店における、あらゆる顧客接点にかかわる業務、人、プロセス全体を総合的に見渡せるような可視化を実現します。
本受賞の要因として、Frost & SullivanではベリントのWFMソリューションの強みとベリントがもつ、この領域の専門知識と現場での実行能力とが合わさった点を挙げています。


QMベストプラクティスとマーケットシェアリーダーシップ アワード

Frost & Sullivanは、Verint応対品質管理も表彰しました。顧客応対情報の収集、重要な顧客の知見や情報の提供、カスタマーエクスペリエンスを強化するためのスタッフに必要なコーチングの実施など、本ソリューションの優れた機能が評価されました。

「ベリントは、アジアパシフィックのコンタクトセンターマーケットにおけるプロセス最適化アプリケーションへの高まる要求に対して継続的な投資を行っています。WFM、応対品質管理、およびカスタマーエクスペリエンスやエンゲージメントの重要な分野においてマーケットポジションの優位性を維持するためにです」と、Frost & Sullivanのアジアパシフィック デジタルトランスフォーメーションプラクティスのカスタマーコンタクトリサーチ部門のトップであるKrishna Baidya氏は述べています。「さらに同社は、技術革新と顧客の成功に焦点をあて、信頼できるパートナーとして、増え続ける膨大な情報の中から価値ある知見を見つけ出すことに目を向けている企業を支援しています。」

ベリントのワークフォースマネジメントと応対品質管理は、Verintカスタマーエンゲージメント最適化ポートフォリオの一部です。これらは、ビジネスニーズに合った導入を行うために、オンプレミスやクラウドに対応したさまざまな導入モデルがあります。

「ベリントが、年間最優秀アジアパシフィックカスタマーコンタクト最適化ソリューションベンダーとして、またモニタリング品質管理やワークフォースマネジメント分野でアジアパシフィックのマーケットリーダーとして認識され、Frost & Sullivanから表彰されたことを光栄に思っています。」と、ベリントアジアパシフィックの社長を務めるアディ・メレツ(Ady Meretz)が述べています。「これらの受賞により、弊社のソリューションポートフォリオが企業や団体の顧客と従業員エンゲージメントプログラム向上のために利用されていることが明らかになるでしょう。」


フロスト&サリバンについて

フロスト&サリバンはクライアントのパートナー企業として、グローバルな課題やそれに関連する成長機会に対処するための明確なビジョンを活用して、今日の市場への参入をサポートしてきました。同社は50年以上にわたり、グローバル1000社、新興ビジネス、公共部門、投資コミュニティーに対する成長戦略を開発してきました。業界の統合、破壊的技術、競争力の増加、メガトレンド、技術革新のベストプラクティス、顧客動向の変化、および経済危機などの次の大規模な波に向けた対策が必要ではないですか?お問い合わせはこちら
Frost & Sullivanアワードは、業界において組織や団体による優れた業績を認めるグローバルなプログラムです。マーケットシェアリーダーシップアワードは、業界における最も高いマーケットシェアを獲得し、ビジネスを成功に結び付けるソリューションの継続的な進化および提供を行う企業に提供されます。評価基準として、各企業のマーケットシェア、売上、先進性、革新性、ソリューション機能、および業界に対する総合的な貢献度の分析が含まれています。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint WFO)、顧客分析ソリューション(Verint 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jpをご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティインテリジェンス、不正・リスク・コンプライアンスにフォーカスし、企業がアクションを起こすための知見を提供するActionable Intelligence®ソリューションのグローバルリーダーです。フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを導入し、知見を得て、情報に基づいた効果的かつタイムリーな意思決定を行っています。詳細につきましては http://www.verint.com をご覧ください。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ