ベリントがガートナーのマジック・クアドラントのワークフォースエンゲージ管理分野でリーダーポジションを獲得

ベリントは2008年からリサーチレポートにおいてリーダークアドラント

2017年1月23日 ニューヨーク州メルヴィル 発

ベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、調査コンサルティング会社のガートナーから2017年1月19日に発行された「ワークフォースエンゲージメント管理のマジック・クアドラント」レポートに掲載されたことを発表しました。


ワークフォースエンゲージメントの管理と最適化

本レポートにおいて、「ワークフォースエンゲージメント管理ソリューションは、従業員エンゲージメントに対しても貢献する柔軟なテクノロジで、既に成熟したワークフォース最適化(WFO)マーケットを拡大している。*」とガートナーは述べています。
本レポートの共著者でリサーチディレクターを務めるJim Davies氏は、「WFOのソフトウェアマーケットは数十億ドルとして確立している。*」と述べています。
新しい「ワークフォースエンゲージメント管理のマジック・クアドラント」レポートにおいて、ガートナーは、「主なWFOの機能は従業員のパフォーマンスの記録と評価と職務レベルを予測しスケジュールを設定する機能を組み合わせて、運用サービルレベルの目標を確実に達成できるようにすることです。*」と述べています。ガートナーはさらに、採用と入社、評価と改善、時間管理、援助とタスク管理、メトリクスと認証、従業員の声などを、WEM機能の重要な分野として定義しています。*


新しいマジック・クアドラントのリーダー

「ワークフォースエンゲージメント管理のマジック・クアドラント」レポートで、ガートナーはテクノロジプロバイダーを4つの「クアドラント」に配置し、テクノロジの状況を評価しています。「リーダーは、グローバルに展開して、サポートも行うことができ、機能的に優れたWEMソリューションを提供している。また、それらのソフトウェアは規模や複雑さに関係なく、どの企業にも適合し、幅広く業界を網羅している。そして、売上も膨大で、新しいリファレンスもすぐに入手できる。*」と述べています。

「ガートナーはWEMソリューションが、業務上のパフォーマンスを改善するだけでなく、従業員エンゲージメントもまた引き上げることができるカスタマーエンゲージメントセンターに中で、戦略的に活用されることを薦めています。」と共著者でリサーチバイスプレジデントを務めるDrew Kraus氏も述べています。「動機づけられ、エンゲージされた従業員への効果は業務上のパフォーマンスだけでなく、カスタマーエクスペリエンスへの影響もまた過小評価するべきではありません。それは、今後の投資を正当化するのに役立つはずです。*


ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint® WFO)、顧客分析ソリューション(Verint® 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint® エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントを利用し企業力を向上しています。 アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては http://jp.verint.com/ をご覧ください。




出展

米ガートナー社より刊行の「Magic Quadrant for Workforce Engagement Management」(Jim Davies、Drew Kraus 執筆)より出典


2017 年1月19日
ガートナーは、ガートナー調査報告の発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー調査報告の発行物は、ガートナー調査グループの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。




本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ