プレスリリース

プレスリリース

世界のトップブランド企業がベリントのEngage19グローバルカスタマー&パートナーカンファレンスに参加、「次なる」顧客エンゲージメントを共同で模索

Aetna、AIG、TELUS International、Uberなど50数社の代表が、ベリントのソリューションを利用してビジネスの”見える化”、”分析”、”自動化”を実現し、顧客エンゲージメント戦略を成功させる方法について講演

2019年5月17日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、本日、5月20日〜23日にオーランド(Orlando)のロウズ・サファイア・フォールズ・リゾート(Loews Sapphire Falls Resort)とロウズ・ロイヤル・パシフィック・リゾート(Loews Royal Pacific Resort)で開催される、顧客エンゲージメント市場で最大かつ最も魅力的なイベントの1つであるEngage19のカンファレンスの日程と基調講演者を発表しました。このカンファレンスでは、動機づけとなる基調講演、イノベーション講演や体験コーナー、顧客、パートナー、業界アナリストによるセッション、顧客によるパネルディスカッション、情報交換会などが開催されます。


カンファレンスでは、『Made to Stick』、『Switch』、『Decisive』、『The Power of Moments』など、ニューヨークタイムズ紙で最も売れている4冊の本の共著者、Dan Heath氏が基調講演を行います。Heath氏は、成功する変化の管理や実現、「より綿密な」コミュニケーションの実行、意思決定能力の向上に必要な「瞬間の力(power of moments)」の活用方法についての講演を予定しています。


Engage19は、全体的に自動化をテーマとして7つのカテゴリーに分けられ、70以上のセッションで構成されます。7つのカテゴリーは、カスタマーエクスペリエンス、ワークフォースエンゲージメント(コンタクトセンター向け)、ワークフォースエンゲージメント(事務・業務部門などのバックオフィスや支店向け)、コンプライアンス、セルフサービス、公共部門、セキュリティ・不正検知 です。セッションは、成功事例や教訓なるような事例を共有する内容が大手企業の専門家により発表されます。また参加者は、最新のベリントのイノベーションや今後の重要な戦略について、基調講演、ユーザーグループ、プレカンファレンストレーニングセッションなどで学ぶことができます。


登録についての詳細および全日程は、https://engage.verint.com/からご覧いただけます。


ベリントのグローバルマーケティング担当上級副社長、Ryan Hollenbeckは次のように述べています。「3日間にわたりオーランドでイノベーションの共有、学び、情報交換が出来ることを楽しみにしています。著名なビジネス著書の執筆者、Dan Heath氏による影響力のある基調講演に加え、今年は世界のトップブランド企業やパートナー企業が参加します。Engage19では、カスタマーエクスペリエンスを向上しつつ業務効率も向上という精妙なバランスを成立させる新しい方法により、インスピレーションと知見を提供することを参加者の方々にお約束します。」


基調講演と分科会の他に、次のような対話型の機会にもご参加いただけます。
• 製品イノベーションコーナー – Verintが今後発表する予定の画期的なイノベーションを部分的にご覧いただけます。新しいコンセプトや製品に投票したり、開発中の機能をお試しいただくことができます。
• ソリューションラウンジ – ベリントの最新の革新的なソリューションやサービス、幅広いパートナーとのビジネスや技術連携のエコシステムをご覧いただけます。
• カスタマーエクスペリエンスコーナー – ベリントが市場をリードする顧客のアイデアをカスタマージャーニー全体にわたる新しいイノベーションにどのように取り入れているかをご覧いただけます。参加者は、オンラインのベリントグローバルカスタマーコミュニティに参加することができます。
• 専門家との相談コーナー – ベリントのプロフェッショナルサービス、製品管理、およびサポートの専門家たちとの対談で、ソリューションに関する個別のガイダンスを提供し、最適な結果をご案内いたします。
• カフェトーク – カンファレンスで学んだことについて話し合ったり、質問をしたり、あるいは成功事例を共有して、この分野に着手するための行動計画を強化できます。これはEngageにおいて最も高い評価を得ている体験のひとつです。
• 情報交換会 – カンファレンスで同僚たちと情報交換を行ったり、シーワールド・オーランド(SeaWorld Orlando)でのお客様特別感謝イベントで、より密接な交流に参加したりすることができます。


また出席者は、ベリントの担当者との一対一でのディスカッションを事前に申請して、カンファレンスで得た経験を補強することができます。さらにTwitter @Verintや#CONNECTATENGAGEでベリントのコメントをフォローすることもできます。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。



本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


^