プレスリリース

プレスリリース

VyStar Credit Union社、ベリントの本人認証ソリューションを利用して、会員のエクスペリエンスを向上し詐欺行為を低減

ベリント、金融サービス企業のデータセキュリティの強化、会員IDの保護、運用効率の向上を支援

2019年6月3日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、本日、VyStar Credit Union社が同社のコンタクトセンターにおける会員情報のセキュリティを強化するために、ベリントとの提携を拡大したことを発表しました。* VyStar社は、ベリントの本人認証と不正検知のソリューションを導入し、運用コストの削減と会員IDの保護を目指すと同時に、VyStar社の65万5千人を超える会員の総合的なエクスペリエンスを向上させます。

昨今では、クレジットカードやオンラインチャネルに対するセキュリティが強化されているため、詐欺師は顧客情報を収集したり、場合によっては顧客のIDやお金を盗んだりするために、コンタクトセンターを企業への脆弱な侵入口として標的にしています。VyStar社では、ベリント導入により複数層にわたる防御を行います。エージェントが電話を受ける前にリアルタイムで脅威を分析するために、まず適応型の詐欺分析を導入します。

これには、エージェントとの通話とボイスボットなどの音声セルフサービスの両方の行動データの分析機能が含まれており、多くの場合、不正事件が発生する前に、固有の特性や行動パターンからその手掛かりを得ることができます。実際の担当者が電話を受けた時点で、音声はベリントの声紋認証により分析され、シームレスに顧客として認証されるか、詐欺師として検知されます。

VyStar Credit Union社の運用・支払担当上級副社長、Melissa Thomas氏は次のように述べています。「不正事件は、感情が非常に絡んでくるため、会員の信頼を高めることも損なうこともあり得る出来事です。ベリントの支援により不正検知を自動化することで、当社の不正検知部門は従来の手作業による方法よりも大幅に時間を節約することができます。当社のコンタクトセンターに導入した新しいベリントのソリューションは、会員に優れた体験を提供しながら不正行為を未然に防止するために、不正の兆候をリアルタイムで提供し従業員の負担を軽減します。」

幅広い顧客エンゲージメントの製品ポートフォリオの一部であるベリントの本人認証と不正検知のソリューションは、VyStar社が不正行為による損失、会員の認証にかかる時間、詐欺行為を検出するための運用コストを削減するのに役立ちます。

「VyStarは、ベリントが提供してくれる幅広いソリューションや深い専門知識をとても楽しみにしています。」と、VyStar Credit Union社の最高執行責任者、Chad Meadows氏は述べています。「私たちは、当社のビジネスを理解し、多くの会員との接点にまたがり定量化が可能なビジネス成果の実現を重視してくれる、ベリントのようなパートナーを心から歓迎します。」

ベリントの上級副社長兼製品担当ジェネラルマネージャのJohn Goodsonは次のように述べています。「2015年以来、VyStar社の店舗での不正対策として使用されているベリントの支店・営業店の監視・調査(Branch Security and Investigation)向けのソリューションに加え、コンタクトセンターでの不正防止に向けて、VyStar社がベリントとの提携を強化したことをとても嬉しく思います。」

最近VyStar社では、本人認証と不正検知のソリューションを導入したほか、ベリントのエンタープライズフィードバック管理デスクトップ&業務プロセス分析会話音声分析自動応対品質管理のソリューションも導入しており、ワークフォースエンゲージメント、インテリジェントセルフサービス、顧客の声分析、不正とコンプライアンスについても今日のデジタル変革に対応しています。

ベリントが顧客エンゲージメントを”見える化”、”分析”、”自動化”する方法の詳細については、ここをクリックしてください。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。


VyStar Credit Union社について

VyStar社は、フロリダ州北東部に本拠を置く最大手の信用組合で、米国内で16番目の資産規模を誇ります。現在、65万5千人を超える会員にサービスを提供しており、その総資産は85億ドルを超えています。VyStar社の会員は、中央フロリダから北フロリダまでの49の隣接郡と、カムデン、チャールトン、グリン、ウェアといったジョージア州東南部の郡に居住または就業しているすべての人が入会対象です。


* VyStar Credit Union社が直近でベリントに投資したのは、2018年10月。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


^