プレスリリース

プレスリリース

ベリントの会話音声分析が、卓越したソリューションとしての評価と投票結果により、2019年の3つの賞で1位を獲得

米国雑誌『Speech Technology』のPeople’s Choice賞などでベリントの会話音声分析ソリューションが品質、革新、顧客満足度の3つの項目において高い評価を獲得

2019年10月24日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、同社の会話音声分析(Speech Analytics™)ソリューションが3つの賞を受賞したことを発表しました。ベリントは、これらの賞で品質、革新、顧客満足度において優秀であると評価されています。これはAIと機械学習を活用して会話のトピックを自動的に分類し可視化することで、プロセスの改善、顧客によるセルフサービス向上、コスト抑制、カスタマーエクスペリエンス向上などに関連する知見を提供するソリューションです。
この3つの賞は、コンタクトセンターにおける顧客エンゲージメントに対するベリントの会話音声分析の貢献を評価するものです。

2019年People's Choice賞 (米国雑誌『Speech Technology』)
ベリントの会話音声分析は、『Speech Technology』誌の賞*で対象となった会話音声分析ソリューションの中で1位を獲得しました。雑誌のWebサイトにて、会話音声認識、テキスト化、チャットボット、声紋認証など、さまざまなカテゴリで各ユーザお気に入りのツールやプラットフォームに対し投票が行われました。Speech Technology Magazine社が発行する『Speech Technology』誌は、音声技術業界に関するグローバルなニュース、情報、分析の主要な情報源となる雑誌です。

2019年Consumidor Moderno賞(ブラジル)
ベリントの会話音声分析は、ブラジルの『Consumidor Moderno』誌の第20回「カスタマーサービス優秀賞」(Consumidor Moderno’s Award for Customer Service Excellence in Brazil)で、会話音声分析部門において1位を獲得しました**。情報サービス会社であるGrupo Padrao社が推進し、OnYou社と提携している標準インテリジェンスセンター(Center for Standard Intelligence:CIP)が運営するこの賞は、顧客との関係において品質向上に取り組む企業や専門家を表彰し、カスタマーサービスのベストプラクティスを促進することを目的としています。

2019年Premio Conarec賞
ベリントは、Premio Conarec賞の会話音声分析システム部門で1位を獲得しました。Conarec賞は、カスタマーリレーション市場関係者間の相関的な情報や取り組みについて最も高く評価したところに与えられるものです。この賞は、カスタマーリレーション業界におけるブラジルの展望についての調査に基づいて決定されています。これは顧客と企業の間の戦略的関係を良好に管理するにあたって重要となる要因を測定する指数を基にした包括的な調査となっています。

ベリントの上級副社長兼戦略業務担当ジェネラルマネージャのNancy Treasterは次のように述べています。「ベリントの会話音声分析は、コンタクトセンターを企業内で戦略的な位置に引き上げるため役立つ顧客の声(VoC)ソリューションの1つです。このソリューションは、顧客の発言に関して必要な情報を提供し不満の原因に即座に対処することができるだけでなく、企業のカスタマーエクスペリエンス、プロセス改善、製品開発、マーケティングチームに貴重な知見を提供します。『Speech Technology』誌の読者から最高の会話音声分析ソリューションとして選ばれたこと、そしてカスタマーエクスペリエンスを迅速に改善するための会話音声分析ツールを作成した当社の努力が認められたことを嬉しく思います。」

ベリントの顧客エンゲージメントの製品ポートフォリオの一部である会話音声分析では、AIと機械学習を使用して、企業がカスタマーエクスペリエンスを改善し、効率を高め、販売実績を高めるための効果的な知見を明らかにします。ベリントでは現在、年間70億件を超える通話を処理しており、グローバルな顧客ベースを対象に65を超える言語やバリエーションによる通話のテキスト化や分析を行っています。

ベリントの会話音声分析について詳しくは、こちらをご覧ください。

ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。


出典:

* ベリントは2019年4月、米国の『Speech Technology』誌の「People’s Choice賞」を受賞

** ベリントは2019年5月、ブラジルの『Consumidor Moderno』誌による「カスタマーサービス優秀賞」(Consumidor Moderno’s Award for Customer Service Excellence in Brazil)を受賞


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


^