プレスリリース

プレスリリース

ベリント、RPAに関する最新の調査報告書において、顧客による総体的なベンダー満足度評価で最高位に格付け

導入価値を得るまでの時間を短縮する機能オートメーションディスカバリーの発表により、AI企業のリーダーの立場を強化

2020年1月16日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、DMG Consulting LLC社が発行した最新レポート『2019/2020 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品と市場調査報告書(2019-2020 Robotic Process Automation (RPA) Product and Market Report)』*の中で、総体的なベンダー満足度、製品、プロフェッショナルサービス、製品革新の評価で最高点を獲得したことを発表しました。

これら最新の格付けの発表に続きベリントは、企業がクラウド型またはオンプレミス型のRPAを最大限に活用し、インテリジェントな自動化戦略における価値・効果実現までの時間(Time-to-Value)を短縮することができる新しい分析機能、オートメーションディスカバリー(Robotic Process Automation Discovery™)の発表により、RPAにおけるイニシアチブを強化していきます。


Verint RPA:DMG社の3つの評価カテゴリすべてで高い顧客満足度スコアを獲得

DMG社のこの調査報告書では、RPA市場についてと、サービス、コンタクトセンター、事務・業務部門などのバックオフィス、その他企業全体での用途に対応するソリューションを提供するベンダーについての幅広い分析結果を提供しています。ベリントはプロフェッショナルサービスや製品革新に対するベンダー満足度評価で、すべての注目ベンダーの中で最高の顧客スコアを獲得しました。また製品、実装、製品の機能強化に対する要求への応対の速さにおいても、最高点を獲得しました。その他、6つの製品機能と7つの製品有効性に関する部門で、当調査報告書の対象となったすべてのベンダーの中でトップの座を獲得しました。

DMG Consulting社の社長であるDonna Fluss氏は、RPA市場の総体的な見通しについて次のように述べています。「DMGでは、RPA市場の成長率は非常に堅調であり、今後5年間毎年、対前年比100%以上の増加が続くと予想しています。RPAの使用事例は、フロントオフィスでもバックオフィスでも増加してきており、企業は協業するハイブリッド型の労働力を採用するメリットを認識し始めています。」


Verint RPAの最新機能:オートメーションディスカバリー

デジタル変革において企業が直面する最大の課題の1つは、自動化の機会を見極めることです。ベリントの最新のオプション機能オートメーションディスカバリーは、企業向けワークフローに関するアクションにつながる知見を提供し、RPAの開発と展開を合理化しながら、投資利益率が最も高くなりそうな自動化の機会を特定します。これまでは何か月もかかりコンサルタントが提供していた作業を、数週間で完了させることができます。

ベリントのソリューションは、AIを活用して日常業務で従業員がビジネスアプリケーションをどのように使用しているかの情報を自動的に取得し、この情報を分析してプロセスにタスクを割り当て主要な傾向を判断します。さらに従業員の時給や平均処理時間などの要因と照らし合わせ、最大のROIを得られる自動化に適した業務を特定します。AIは、RPAの開発と展開をより簡単で迅速かつ効率的に行うためのワークフローの生成を促進します。

ベリントの上級副社長兼製品担当ジェネラルマネージャーのJohn Goodsonは次のように述べています。「オートメーションディスカバリーは、自動化によって改善することができるプロセスを特定して自動化に適した業務を見つけ出します。このような高い可視性を実現することでプロセスの自動化に伴う問題を排除し、企業が新たにデジタルトランスフォーメーションへ迅速に取り組むにあたり良い影響を与えることができると考えています。」

最新のブログ「RPAプロセスの選択や価値・効果実現までの時間の短縮(Speed RPA Process Selection and Time to Value)(英語版)」もご覧ください。ベリントのロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation™)ソリューションの詳細については、ここをクリックしてください。



ベリントシステムズジャパン株式会社について

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jp をご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。


* 出典:DMG Consulting LLC社、『2019/2020 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品と市場調査報告書(2019-2020 Robotic Process Automation (RPA) Product and Market Report)』2019年第3四半期発行


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


^